****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

聖書順索引

ヘブル語デイリー・ブレッド 【聖書順索引】


創世記
01章01節・・・・初めに、神が天と地を創造した
01章02節・・・・トーフー ヴァ・ボーフー
01章03節・・・・神は仰せられた
01章3、4節前半・「光あれ」、すると光があった
01章05節後半・・夕があり、朝があった
01章26節前半・・さあ人を造ろう。・・・われわれに似せて
02章07節・・・・主は人の鼻にいのちの息を吹き込まれた
02章15節・・・・主は、人をエデンの園に置き、耕させた
02章17節・・・・それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ
02章18節・・・・人が、ひとりでいるのは良くない
03章21節・・・・主は、皮の衣を作り、彼らに着せられた
04章26節・・・・主の御名によって祈ることを始めた
06章08節・・・・しかし、ノアは、主の心にかなっていた
12章01節・・・・レフ・レハー「アブラムの出発(旅立ち)」
16章02節・・・・彼女によって、私は建て上げられる
17章01節前半・・わたしは全能の神である。わたしの前を歩み
28章15節前半・・わたしは、あなたをこの地に連れ戻す
28章15節後半・・わたしはあなたを決して見捨てない
46章27節後半・・すると、ヤコブは元気づいた


出エジプト記
03章05節・・・・あなたの足の履物を脱ぎなさい
20章02節・・・・わたしはあなたを連れ出した主である
20章03節・・・・わたしのほかに、ほかの神々があってはならない
20章04節・・・・あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない
20章08節・・・・安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ
33章11節前半・・顔と顔とを合わせて語る


民数記
01章18節・・・・ひとりひとり数えて、その家系を登記した
06章24~26節・・アロンの祝祷
08章03節・・・・七つのともし火皿が燭台の前方を照らすように
09章15節・・・・あかしの天幕である幕屋をおおった雲
09章17節・・・・雲が天幕を離れるとき、雲がとどまるとき


申命記
06章04節・・・・聞きなさい。イスラエル
06章05節・・・・あなたの神、主を愛しなさい
10章15節・・・・主はあなたを恋い慕い、愛し、選んだ
18章13節・・・・あなたは、主の前に全き者であるべきだ
22章10節・・・・牛とろばとを組にして耕してはならない


ヨシュア記
01章6~7節・・・強くあれ、雄々しくあれ
13章01節後半・・あなたは年を重ね、老人になったが、まだ
23章11節・・・・あなたがた自身に、十分気をつけて
24章15節・・・・私と私の家族とは主に仕える


ルツ記
01章14節・・・・しかし、ルツは彼女にすがりついた
02章03節・・・・はからずも
03章18節前半・・成り行きがはっきりするまで静かに待つ
04章08節・・・・あなたが自分で買い戻しなさい


詩篇
002篇012節・・・幸いなことよ。すべて主に身を避ける人
008篇001節・・・あなたの名は何と力強いことでしょう
023篇001節・・・主は私の羊飼い
027篇004節・・・私はひとつのことを主に願った
027篇004節・・・ひとつのことを願い、それを求めている
027篇014節・・・待ち望め、主を
034篇008節前半・主のすばらしさを味わい、これを見つめよ
036篇007節前半・なんと尊いことか、あなたの恵みは
036篇010節・・・注いでください。あなたの恵みを
043篇003節前半・あなたの光とまことを遣わしてください
051篇012節・・・喜んで仕える霊が、私を支えますように
062篇001節・・・私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む
065篇004節・・・幸いなことよ。あなたが選び、近寄せた人
066篇002節・・・神への賛美を栄光に輝かせよ
081篇003節・・・祭りの日の新月と満月に、角笛を吹き鳴らせ
081篇005節・・・神は、ヨセフの中にそれをあかしとされた
086篇005節・・・まことに、あなたは・・(1)
086篇010節・・・まことに、あなたは・・(2)
086篇017節後半・まことに、あなたは・・(3)
090篇001節・・・あなたは私たちの永遠の住まい
091篇001節・・・いと高き方の隠れ場に住む者
091篇011節・・・主は、あなたのために御使いに命じて
093篇001節前半・主は王として治められる
107篇001節・・・主に感謝せよ
118篇026節・・・主の御名によって来る人に、祝福あれ
119篇018節・・・あなたのみおしえのうちにある奇しいこと
119篇077節・・・あなたのみおしえは、私の喜び
119篇130節・・・みことばの戸が開くと
119篇174節・・・わたしはあなたの救いを慕っています
121篇004節・・・見よ、イスラエルを守る方は
121篇005節・・・主は、あなたの右の手をおおう陰
121篇008節・・・主はあなたを、行くにも帰るにも守られる
133篇001節・・・見よ。兄弟たちが一つとなって共に住む
147篇001節・・・主に向かって新しい歌を歌え


箴言
03章05節・・・・心を尽くして主に拠り頼め
25章02節・・・・事を隠すのは神の誉れ。事を探るのは王の誉れ。


伝道者の書
01章02節・・・・空の空、すべては空


イザヤ書
06章03節・・・・聖なる、聖なる、聖なる
07章03節・・・・シェアル・ヤシュブ(残りの者は帰って来る)
07章04節・・・・気をつけて、静かにせよ。恐れず、弱気になるな。
14章01節・・・・まことに、わたしはヤコブをあわれみ
28章16節・・・・シオンに据えられた一つの石
30章15節・・・・立ち返って、静かにすれば
30章18節・・・・まことに主は、ミシュパートの神である
35章05節・・・・そのとき、盲人の目は開かれ
35章06節前半・・そのとき、足なえは鹿のようにとびはね
40章01節・・・・慰めよ。慰めよ。わたしの民を
40章02節前半・・エルサレムの心に語りかけよ
40章02節後半・・その労苦は終わり、その咎は償われた
40章03節・・・・呼びかける一つの声
40章11節・・・・主は、羊飼いのように
40章29節・・・・神の慰めとしての「力」(1)
40章31節・・・・神の慰めのとして「力」(2)
42章03節・・・・彼はいたんだ葦を折ることもなく
43章01節・・・・わたしはあなたの名を呼んだ
49章06節・・・・ただ、あなたがわたしのしもべとなって
50章05節前半・・神である主は、私の耳を開かれた
52章13節・・・・見よ。わたしのしもべは栄える
53章05節前半・・彼が刺し貫かれたのは、私たちの背きの罪による
53章11節前半・・彼は自分の激しい苦しみのあとを見て満足する


エレミヤ書
17章14節・・・・あなたこそ、私の賛美だからです
18章06節・・・・見よ。陶器師の手にある粘土のように
29章13節・・・・あなたがたがわたしを捜し求めるなら
29章13節・・・・もし・・わたしを捜し求めるなら、わたしを見つける
31章03節・・・・永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した
33章03節・・・・あなたの知らない、理解を越えた大いなる事
51章16節・・・・主が声を出すと、水のざわめきが天に起こる


哀歌
03章25, 26節・・主の救いを黙って待つのは良い
05章21節・・・・私たちの日を昔のように新しくしてください


エゼキエル書
03章03節後半・・それは私の口の中で蜜のように甘かった
05章13節後半・・彼らは、主であるわたしが熱心に語ったことを知ろう
07章06節・・・・終わりが来る。その終わりが来る。
14章06節・・・・(主に) 向き直り、向き直れ
17章02節・・・・なぞをかけ、たとえを語れ
22章30節・・・・わたしは破れ口に立つ者を尋ね求めた
37章9節後半・・・息よ。四方から吹いて来い。


ダニエル書
09章23節・・・・そのみことばを聞き分け、幻を悟れ。


ゼパニヤ書
03章14節・・・・シオンの娘よ。喜び歌え。


a:7861 t:2 y:5

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional