****** 詩篇は、神と私たちの生きた関係を築く上での最高のテキストです。******

エズラ記

文字サイズ:

15. 「エズラ記」の瞑想

画像の説明
ベレーシート

  • エズラ」という名前はエズラ記7章に入ってはじめて出てきます。なにゆえに「エズラ記」なのか、それは彼が果たした宗教的事業の貢献にあります。大祭司アロンの子孫であり、かつ律法学者であったエズラは、捕囚から帰還した神の民が神のトーラーを拠り所とした新しい信仰共同体を形成するために、多大な貢献をした人物です。


(1) 捕囚からの帰還の年表
捕囚からの帰還の年表

第一次帰還から80年後のB.C.458年、エズラがリーダーとなって帰還します。この頃にはすでに総督のゼルバベルも大祭司ヨシュアもいません。エズラは、帰還するにあたって、ユダヤ人が神の選民であることを強く意識した神のトーラーに基づく再建を考えていました。しかし故国に帰還してみると、その期待とは全く異なり、先に帰還した者たちは周囲の異邦人と婚姻関係を結んでいたのです。

(2) ペルシャの王の治世とユダヤとの関係
画像の説明
画像の説明


画像の説明


2013.9.2


a:13068 t:3 y:5

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional