****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

ミドゥバール・ミニストリー

「ミドゥバール・ミニストリー」について

画像の説明

〔コンテンツ〕



1. 「ミドゥバール」という名称とその意味


2. 「ミドゥバール・ミニストリー」の概要

画像の説明

(1) 「サムエル・ミニストリー」
(2) 「ヒナヤーヴ・ミニストリー」
(3) 「イスラエルの回復」
(4) 「イェシュアの語った福音」

【付記】 キリストの再臨に備えるための学び

スティーブンス・栄子師の「オメガ・バイブルスタディー

2012.1.1から月2回で配信されている音声メッセージ。1回分の所要時間は約15分程度。その内容はそれぞれ一つのテーマで簡潔にまとめられています。世の終わりについての啓示が解き明かされることで聖書全体が見えてきます。ただし、鵜呑みにすることなく、内容を自分でも確かめ、あるいは検証できるような力を身に付けられるように絶えず心掛けましょう。


3.  第一回「荒野の学校」レポート(2012.11.1)


4.  第二回「荒野の学校」(2013.6.14~17)

場所 
6/14(金)、15(土) 空知太栄光キリスト教会
6/16(日) ジーザス・コミュニティ石狩教会
講師; キム・ウヒョン監督 通訳; 金 聖圭師

レポート(No.1) 「エデンの園の回復」
レポート(No.2) 「ヨセフ物語にあかしされている世の終わりの啓示」

※ここでのレポートとは、単に、講師が語られたメッセージをまとめることだとは考えておりません。講師を通して語られた神のことばを(それに関する知識の補充も含めながら)自分流に整理して、自分のものとしてまとめる試みだと考えています。そのようにしてはじめて多くのことを理解し、学ぶことができると信じます。「ミドゥバール・ミニストリー」では、単なる集会参加で終わることなく、あくまでも「学校」(あるいは「塾」)であることを目指したいと考えています。それゆえ、私自身も一人の学生(塾生)としてレポートを提出しています。


5. 第三回「荒野の学校」(2014.5.16~17)

講師; キム・ウヒョン監督 通訳; 金 聖圭師
場所; ITOD(Ishikari Tabanacle Of David) 石狩市花川北6-2-112
レポート 「主との親密さへの招き」


これまでの「荒野の学校」

講師; キム・ウヒョン監督 通訳; 金 聖圭師


2012.10.23~


a:15122 t:1 y:8

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional