****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

レビ記

文字サイズ:

レビ記は、「キリストの十字架の血による贖いの神秘」を学ぶ最高のテキストです。


35. レビ記

画像の説明
そして(主はモーセを)呼んだ」という意味

「レビ記」

2016.4.05~7.08

No. 聖書箇所 タイトル瞑想日
0レビ記の瞑想を始めるに当たって4:03
11:1~17全焼のいけにえ(焼き尽くす献げ物)4:05
22:1~16穀物のささげ物(穀物の献げ物)4:06
33:1~17和解のいけにえ(和解の献げ物)4:08
44:1~5:13罪のためのいけにえ(贖罪の献げ物)4:09
55:14~6:7罪過のためのいけにえ(賠償の献げ物)4:12
66:8~13絶えず燃え続けさせなければならない祭壇の火5:10
78:1~36大祭司アロンとその子ら(祭司)の任職のための聖別5:14
89:1~24祭司職の初仕事とそこに現わされた主の栄光5:18
910:1~11異火を主の御前ににささげたナダブとアビフ5:20
1010:12~20最も聖なるもの(「コーデシュ・コダーシーム」)5:21
1111:1~47食べてよい生き物と食べてはならない生き物5:24
1212:1~8産婦の血のきよめについての規定5:25
1316:1~22大祭司が至聖所に入る日、その方法と目的5:27
1416:11~34大贖罪日の規定とその預言的意味5:31
1517:1~16血についてのおきて6:01
1618:1~30忌みきらうべき風習の禁止の背景にあるもの6:03
1719:1~37あなたの隣人をあなたのように愛すること6:08
1820:1~27あなたがたはわたしにとって聖なるものとなる6:10
1921:1~336:14
2022:1~27聖なるささげ物とそれにかかわる人6:17
2123:1~3主の安息日の真意6:18
2223:4~22春の四つの主の例祭の真意6:21
2323:23~44秋の三つの主の例祭の真意6:22
2424:1~23祭司の日常の務めと御名を冒涜する罪6:25
2525:1~22地の安息とヨベルの年6:28
2625:23~22地の安息とヨベルの年(続)6:29
2726:1~2従順による祝福と不従順によるのろい(1)7:02
2826:3~13従順による祝福と不従順によるのろい(2)7:05
2926:14~46従順による祝福と不従順によるのろい(3)7:06
3027:1~25特別な誓願を立てる場合の規定7:08




新改訳聖書(第二版まで)をお使いの方へ
「青銅の祭壇で焼かれる五つのささげ物」(チャートPDF)
「祭壇の『五つのささげ物」が象徴しているイェシュア』
『らい病』表現は誤訳だとする記事 & 言葉の改訂を求めるHP



2016.4.6


a:13857 t:7 y:28

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional