****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

キリストと契約


キリストと契約


契約があらわすキリスト.PNG

●ここでは、2018年10月20日に出版された、
O・パーマー・ロバートソン(O.Palmer Robertson)の
契約があらわすキリストー聖書契約論入門から学んだことを要約したいと思います。原著は1980年の出版ですから、邦訳出版されたのは、それから38年後ということになります。

●聖書神学を学ぶ者にとって、聖書の契約を知ることは必須です。私も聖書の究極的テーマが、神と人とが共に住む「」(「バイト」בַּיִת=エデンの園、幕屋、神殿、教会、御国(メシア王国)、新しいエルサレム)にあると信じて学んで来ましたが、このテーマを支えている聖書の「契約」に関する概説としては、本書ほどによくまとめられたものは、他には見られないと思います。美しく整えられた目次を見るだけでも、聖書にある契約の概念とその歴史的概観が整理されます。

●本書は、大きく三つの柱からなっています。

Ⅰ. 神の契約の定義

Ⅱ. 創造の契約とは

Ⅲ. あがないの契約とは

●聖書の契約には、「創造の契約」と「あがないの契約」の二つしかないということです。これまでの契約神学のように、「わざの契約」と「恵みの契約」に区分されていないという点が特徴的です。創造の契約は創世記1~2章に、そしてあがないの契約は、創世記3章からはじまるとしています。堕落してしまった被造物をあがなおうとする神の誓いの文言(14~19節)が、あがないの出発点の根拠となっています。


2019.7.1

a:604 t:4 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional