****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

「モ―セの幕屋」の瞑想

一滴の雫シリーズ
画像の説明

「モ―セの幕屋」の瞑想(2014)(2016)  


●なぜ、私たちは『モーセの幕屋』を学ばなければならないのか。それを一言で言うならば、そこにキリストが証言されているからです。

「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べています。その聖書が、わたしについて証言しているのです。」(ヨハネの福音書5章39節)


●聖書は「イェシュアがキリストであることを証言する書」です。旧約聖書のありとあらゆることが、キリストを指し示しているのです。「モーセの幕屋」もその重要な証言の一つです。それは神ご自身によって備えられた啓示そのものであり、そこに神の満ち満ちた様が描かれています。幕屋についての学びによって、顔と顔を合わせるように神に出会い、神を知ることができるのです。

●最初に取り上げるのは、幕屋本体ではなく、幕屋に従事する大祭司の胸当てにある12の宝石です。ここでは「モーセの幕屋」に関するさまざまなトピックをランダムに取り上げて行きます。

●最初に取り上げるのは、大祭司の胸当て(エポデ)にはめ込まれた宝石とそれらに刻まれた12部族の名前との結びつきの象徴的意味です。ここではヘブル語の知識が必然的に求められます。

●大祭司の胸当てにあるエポデの宝石は、部族の宿営と行進の配列が埋め込まれています。宿営の東側には(1)ユダ族、 (2)イッサカル族、(3)ゼブルン族。南側には(4)ルベン族、(5)シメオン族、(6)ガド族。西側には(7)エフライム族、(8)マナセ族、(9)ベニヤミン族。北側には(10)ダン族、(11)アシェル族、(12)ナフタリ族。

画像の説明

2014.4.18~7.7

Topic 01大祭司の胸当てに埋め込まれている12の宝石2014.4.18
(1)赤めのう・・・・・・・・ユダ部族4:18
(2)トパーズ・・・・・・・・イッサカル部族4:19
(3)エメラルド・・・・・・・ゼブルン部族4:21
(4)トルコ玉・・・・・・・・ルベン部族4:22
(5)サファイヤ・・・・・・・シメオン部族4:28
(6)ダイヤモンド・・・・・・ガド部族5:01
(7)ヒヤシンス石・・・・・・エフライム部族5:05
(8)めのう・・・・・・・・・マナセ部族5:06
(9)紫水晶・・・・・・・・・ベ二ヤミン部族5.15
(10)緑柱石・・・・・・・・ ダン部族5.22
(11)しまめのう・・・・・・・アシェル部族6.18
(12)碧玉・・・・・・・・・・ナフタリ部族7.07

ヤコブの12人の息子たちの出生順については、こちらをクリック


2016.7.29~

Topic 02栄光と美を表わす聖なる大祭司の装束2016.7.29
(1)亜麻布のももひき7.30
(2)亜麻布の長服
(3)飾り帯
(4)亜麻布のかぶり物(ターバン)
(5)青服(上服)
(6)エポデ
(7)胸当て、および、ウリムとトンミム


シリーズ
「栄光と美を表わす大祭司の聖なる装束」PDFファイル

1No.1「亜麻布のももひき」 2016.07.31
2特別篇「着る」という神の恩寵的啓示2016.09.04
3No.2「市松模様の長服」2016.09.25


2014.4.18


a:9435 t:2 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional