****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

アドベント瞑想3

一滴の雫シリーズ
画像の説明

アドベントの瞑想 2012

画像の説明

べレーシート

2012年、第三回目のアドベント瞑想です。今回は、イエス・キリストの誕生にかかわる事柄について、特に、ヘブル的視点から見直した瞑想を意識的に試みます。ヘブル的視点をもってイェシュアの誕生の周辺的の出来事を見直す時、それまで見えなかったことが見えてきます。つまり、一つの歴史的記述、出来事、登場する地名や人物の名前などさえも、すべてが驚くほどの緻密なかかわりを持っているのです。まさにイェシュァの誕生の出来事を描く記述が、神の救いの全体像を表わすコンデンスとなっているのです。

  • 「イエス」のヘブル名は「イェシュア」です。本来この名は「イェホシュア」יְהוֹשֻׁעַ(「主は救い」という意味)という綴りです。しかしヘブル語の「ヘイ」הの音が弱いため、発音すると「ヨシュア」に聞こえます。イェシュアはその短縮形に当たります。「アドヴェント瞑想3」では、ヘブル的視点からの瞑想ということで、あえて「イェシュア」の名で統一しています。


画像の説明

2012年の「アドべント」は、12月2日~23日


赤色はイエスキリストの十字架の血潮、緑色はそれによってもたらされる平和を意味します。

アドベント(3)の瞑想プラン






2012.11.5


a:7926 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional