****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

1章1節


創世記1章1節

【新改訳2017】

はじめに神が天と地を創造された。

בְּרֵאשִׁית בָּרָא אֱלֹהִים אֵת הַשָּׁמַיִם וְאֵת הָאָרֶץ

「ベレーシート バーラー エローヒーム エーット ハッシャーマイム ヴェエッート ハーアーレツ」

●この節は全聖書の一番最初の箇所として、重要な神の啓示が多く含まれています。

1. 「ベレーシート」(בְּרֵאשִׁית)に隠されている啓示

●イェシュアは「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思って、聖書を調べています。その聖書は、わたしについて証ししているものです。」(ヨハネの福音書:5:39)と語られました。この証言はとても重要です。創世記1章1節にはそのイェシュアの存在が啓示されているのです。

(1)「知恵なるイェシュア」

●箴言8章12節には「アニー・ホフマー」(אֲנִי־חָכְמָה)と宣言したその「わたし」は、22〜27節では天地創造の前からいると宣言しています。

【新改訳2017】箴言8章22~30節
22 【主】は、ご自分の働きのはじめにそのみわざの最初にわたしを得ておられた
23 わたしは、大昔に、初めに、大地の始まりの前に、立てられていた。
24 まだ深淵もなく、水のみなぎる源もなかったとき、わたしは生み出された。
25 山が立てられる前に、丘より先に、わたしは生み出された。
26 主がまだ地も野原も、世界の最初のちりも造っておられなかったときに。
27 主が天を堅く立てられたとき、わたしはそこにいた。主が深淵の面に円を描かれたとき、
28 上の方に大空を固め、深淵の源を堅く定められたとき、
29 海にその境界を置き、その水が主の仰せを越えないようにし、地の基を定められたとき、
30 わたしは神の傍らで、これを組み立てる者であった。わたしは毎日喜び、いつも御前で楽しんでいた。

●ここにあるように、創世記1章1節以前に、すでに「知恵であるわたし」、すなわち人となられる神の御子イェシュアはおられたのです。

(2)「贖い主なるイェシュア」

●それだけではありません。彼はすでに贖い主として啓示されていたのです。人間が罪を犯しすことを神は初めから想定しておられたか否かと言えば、想定されていたと言えるのです。なぜそうと断言できるのかと言えば、答えは以下のヘブル語の「ベレーシート」に隠されているのです(赤字をクリック)。

●つまり、復活の初穂であるキリストによって、神は天と地を創造されるという神のご計画を「初め」から啓示されていたことが分かるのです。。神の目には時間を超えた鳥瞰的視点によって、ご計画の全貌が見えているからです。

【新改訳2017】イザヤ46章10節
わたしは後のことを初めから告げ、まだなされていないことを昔から告げ、「わたしの計画は成就し、わたしの望むことをすべて成し遂げる」と言う。

●まさに、旧約の創造と救済のみわざは、終末になされる神のわざの型となっているのです。創世記から黙示録までに啓示されている神の永遠のご計画の全貌はすでに初めにおいて啓示されているのです。

●それゆえに、

【新改訳2017】ヨハネの黙示録22章13節
わたしはアルファであり、オメガである。
最初であり、最後である。
初めであり、終わりである。

●キリストこそ新しい創造者です。また、「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」(Ⅱコリント5:17)。キリストこそ「古いもの」の終わりであり、新しい世界の創造者(=初穂)でもあるのです。天地を創造された神は、復活のイェシュアのからだにおいて、新たな天地創造に着手されるということ。これが「ベレーシート」(בְּרֵאשִׁית)のことばに隠された奥義なのです。

(3)「神のご計画の目的を実現するイェシュア」

●「ベレーシート」の中に神のご計画の目的が啓示されています。その目的とは神と人がともに生きる「家」を造ることです。ヘブル語は象形文字である漢字のように文字一つ一つに意味があります。最初の文字である「ベート」(ב)それ自体に「」という意味があります。

●あるいは「בְּרֵאשִׁית」の中に、「かしら」を意味する「レーシュ」(רֵאשׁ)と「家」を意味する「ペート」(בֵית)の組み合わせを見ることができます。つまり、「かしら」である方の「家」、すなわち「神の家」を造るという目的が隠されているのです。この「家」は「エデンの園」「幕屋」「神殿」「教会」「御国」へと展開していきます。これは神のご計画にある目に見えない「天のエルサレム」の写しとしてあらわされます。この神の目的を知ることは重要です。なぜなら、そのためにこそ神は天と地を創造されたからです。

2. 「天と地」の創造

●ここで「天」(「シャーマイム」שָׁמַיִם)とは何か、「地」(「エレツ」אֶרֶץ)とは何かということは取り上げません。それは後節でやがて明らかになるからです。ここではヘブル語特有の修辞法である「メリズモ法」を取り上げます。「メリズモ」とは両極(対局)の語彙を用いてこの間にある「すべて」を表す表現法です。ですから、ここでは神と人とが共に住むことになる「家」に必要な「すべて」を神は創造されたと理解したいと思います。その「すべて」には、「目に見えるもの」も「目に見えないもの」も含まれているのです。

3. 「創造した」(「バーラー」בָּרָא)という動詞

●「神が、天と地を創造した」の「創造した」という動詞に「バーラー」(בָּרָא)というヘブル動詞が使われています。旧約聖書では54回も使われています。このことばはしばしば言われるように、必ずしも「無からの創造」を意味しません。むしろ、この動詞の特異性は、主語が神であるという点です(例外もいくつかあります)。つまり、この「バーラー」(בָּרָא)は、新しいもの、あるいは新たに更新されたものを生み出す限りにおいて、神の働きを指し示す動詞であり、神のために取り置かれているのです。

●たとえば、イザヤ書43章7節には創造に関する三つの動詞が使われています。「わたしの名で呼ばれるすべての者は、わたしの栄光のために、わたしがこれを創造し(בָּרָא)、これを形造り(יָצַר)、これを造った(עָשָׂה)。」

英語訳では「わたしがこれを創造し(created)、これを形造り(formed)、これを造った(made)。」

●43章7節にある「形作った」と訳された「ヤーツァル」(יָצַר)と「造る」と訳された「アーサー」(עָשָׂה)は、必ずしも主語が神であるとは限りません。ただし「ヤーツァル」(יָצַר)の場合はかなりの頻度で主語が神で使われてはいます(ちなみに、創世記では2:7, 8, 19に使われています)。何かを造ったり、仕立てたり、完成させたり作るときには「アーサー」(עָשָׂה)が使われます。ギリシア語では「ポイエオー」(ποιεω)、英語ではdoやmakeの訳語が当てられます。

●「バーラー」(בָּרָא)という動詞が神の創造的な行為を表わすものだとすれば、詩篇51篇10節(新改訳、新共同訳は12節)の「神よ。わたしにきよい心を造り、ゆるがない霊を新しくしてください」というダビデの祈りにおいて、きよい心を「造る」(בָּרָא)ことができるのは神ご自身だけであり、神の創造のみわざであるというという信仰の告白となります。「創造する」という動詞が神の独占的な創造のみわざだということを考慮するなら、ダビデが祈った「きよい心」とは、神にしか創造しえないものであることを告白したものと言えるのです。

2019.3.30
a:982 t:1 y:6

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional