****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

カナンの土着の宗教

歴史書(1)の目次

士師記附記  カナンの土着の宗教

前へ | 次へ

カナン土着の宗教

  • カナンの土着の宗教はイスラエルに大きな影響を与えた。バアルの神殿とアシュタロテの神殿は、通常一緒にあり、女祭司は神殿付きの売春婦であった。パアルとアシュタロテは男神と女神であり、双方が交わることによって、子どもや家畜、作物の高収穫がもたらされると信じられていた。
  • また、バアル(息子)とアシェラ(母)が並んで表記されていることが多い。
  • 聖書の中で圧倒的に多いのがバアルという偶像の名であり、その半分くらいの割合でアシェラの名が登場する。アシュタロテの名はそれほど多くなく、バアルとアシュタロテの組み合わせも非常に少ない。
  • 聖書に登場するカナンの神々は異教の神々の原型であり、やがてギリシャやローマの神々にも、大きな影響を与えることとなる。

a:6090 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional