****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

B.C.539年、メディヤ・ペルシアの連合軍によって倒され滅びました。


メディヤ・ペルシアの連合軍によって滅びたバビロン

  • 聖書には記されていませんが、バビロンが血を流すことなく、いとも簡単に攻め取られたその事情がありました。

ベルシャツァルは、迫り来るメディヤ・ペルシャの連合軍の戦略と勢いに対して過信していました。バビロンは難攻不落を誇る頑丈な二重の城壁に囲まれており、その上、大ユーフラテス川の水によって堀が巡らされ,いかなる敵の侵入をも阻めると考えていたようです。

画像の説明

ところが、メディヤ・ペルシャの連合軍は、ユーフラテス川の上流に支流を開いて、川の水の流れを変えてしまいました。そのため城壁の堀に流れていた水は干上がり、メディヤ・ペルシャの連合軍は難なくその乾いた所を通ってバビロンの城壁内に侵入したのです(無血入城)。87年間続いたバビロン帝国の支配は、あっけなくその幕を閉じたのでした。まさに神のさばきは「ノアの日」のように、思いがけない時にやってきます。バビロンはそのようにして終局を迎えたのです。



a:329 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional