****** キリスト教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

2章23節「これを女と名づけよう。」


創世記2章23節

【新改訳2017】
人は言った。「これこそ、ついに私の骨からの骨、私の肉からの肉。
これを女と名づけよう。男から取られたのだから。」

【聖書協会共同訳】
人は言った。「これこそ、私の骨の骨、肉の肉。
これを女と名付けよう。これは男から取られたからである。

כג וַיֹּאמֶר הָאָדָם זֹאת הַפַּעַם עֶצֶם מֵעֲצָמַי וּבָשָׂר מִבְּשָׂרִי
לְזֹאת יִקָּרֵא אִשָּׁה כִּי מֵאִישׁ לֻקֳחָה־זֹּאת׃

べレーシート

●ここには人に「ふさわしい助け手」が与えられた喜びが記されています。「私の骨の骨、肉の肉」、これは「結婚の賛歌」とも呼ばれています。親子・兄弟は「骨肉の関係」と言われますが、彼らはやがてそれぞれ別れて行きます。しかし夫婦は生涯を離れることがありません。ゆえに、夫婦は親子・兄弟以上に、「骨からの骨」「肉からの肉」なのです。この関係を、聖書は「イーシュ」(אִישׁ)と「イッシャー」(אִשָּׁה)で表しているのです。「イーシュ」(אִישׁ)と「イッシャー」(אִשָּׁה)の奥義は、私たちが神のご計画を知る度合いに応じて、その深遠さに触れることになります。

1. 親しい関係としての「骨肉」

●「ラバンは彼(ヤコブ)に、『あなたはほんとうにわたしの骨肉です。』と言った。」(創世記29:14)

●「イスラエルの全部族は、ヘブロンのダビデのもとに来てこう言った。『ご覧のとおり、私たちはあなたの骨肉です。』」(Ⅰサムエル5:1、Ⅰ歴代11:1)。「あなたの骨肉」は「アツメハー・ウーヴェサールハー」(עַצְמְךָ וּבְשָׂרְךָ)と表記されます。

●しかし、夫婦は「骨からの骨、肉からの肉」という関係であり、よりその関係は親密なのです。この表現は創世記2章23節にしかありません。

2. 「イーシュ」と「イッシャー」の秘密

【1】.PNG

●男はヘブル語で「イーシュ」(אישׁ)。む女はヘブル語で「イッシャー」 (אִשָּׁה)です。男と⼥を表わすヘブル語の中で、相⼿にあって⾃分にはない⽂字といえ ば、⼥の場合は「ヨッド」(י)で、男の場合は「へー」(ה)という⽂字です。

【2】.PNG

●男と⼥が⼀体となることで⼆つの⽂字が合わさって「ヤー」(יָהּ)という⽂字がそこに存在しています。「ヤー」とは神聖四⽂字(יהוה)の略した形で 「」という神の固有名詞です。

【3】.PNG

●男と女を結び付けているのが「」だとすれば、そのあとは二つの「火」、つまり「エーシュ」(אֵשׁ)が存在します。もし「イーシュ」と「イッシャー」に「ヤー」(יָהּ)があることで、そのかかわりは「純化された火、熱意をもった火」、一切の不純物を含むことのない関係となるのです。それが「一体」が示す意味です。しかし、もし「イーシュ」と「イッシャー」に「ヤー」(יָהּ)が抜け落ちるならば、それは単なる「エーシュ」(אֵשׁ)となり、お互いを焼き尽くす⽕ともなることを物語っています。聖書において「⽕」は神のさばきとも関連しています。

●しかし、お互いが相⼿にあるものを相補的に受け⼊れるときに、そこに主がおられ、ゆるぎない愛(純化と熱意)に支えられた結婚の幸いがもたらされるということ、これがヘブル語の「イーシュとイッシャーに隠された秘密」なのです。日本語の「男」と「女」という訳語からはこの秘密を知ることはできません。

2020.5.12
a:109 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional