****** キリスト教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

1章29~30節


創世記1章29~30節

前へ| 次へ

【新改訳2017】

29 神は仰せられた。「見よ。わたしは、地の全面にある、種のできるすべての草と、種の入った実のあるすべての木を、今あなたがたに与える。あなたがたにとってそれは食物となる。
30 また、生きるいのちのある、地のすべての獣、空のすべての鳥、地の上を這うすべてのもののために、すべての緑の草を食物として与える。」すると、そのようになった。


●すでに、第三日において、神は地に植物を、すなわち、「種のできる草」と「種の入った実の結ぶ木」を生じさせています。29節では、それが人の食物となることが記されています。しかし、30節では、人以外の生き物たちには「すべての緑の草を食物として与える」ことが記されています。人と動物では何か違うのでしょうか。それは、食物に「」があるか否かです。

●創世記1章29~30節は「食物」(「オフラー」אָכְלָה)についての啓示です。エデンの園においての食物は、園の中にあるすべての木の実でした。しかしエジプトを出たイスラエルの民の食物は「マナ」でした。その目的は、「人はパンだけで生きるのではなく、人は【主】の御口から出るすべてのことばで生きるということを、分からせるためであった」のです。そして約束の地カナンにおいては、創世記1章29節にある「種のできるすべての草」と「種の入った実のあるすべての木」が食物となりました。

●人に与えられている「種のできるすべての草」と「種の入った実のあるすべての木」、動物に与えられている「すべての緑の草」の食物には、深い意味が隠されています。


(1)動物・・種のない 「すべての緑の草」(「デシェ」דֶּשֶׁא)
(2)人・・「種のできるすべての草」(「エーセヴ」עֵשֶׂב)
(3)人・・「種の入った実のあるすべての木」(「エーツ・ペリー」עֵץ פְּרִי)

●金聖圭牧師はこのことについて、次のように解釈しています。「種」(「ゼラ」זֶרַע)とは「子孫」を意味し、それはイェシュアを表しています。
(1) の「種のないすべての緑の草」とは、キリストのない教えのこと。
(2) の「種のできるすべての草」とは「モーセのおしえ(律法)」のことで、それはキリストに導くための養育係のような食物で、幼稚な教えを意味します。しかし、
(3)の「種の入った実のあるすべての木」とは「キリストの教え」そのもので、義の教え、人に永遠のいのちをもたらす食物を意味します。

●この二つの違いを、ヨハネやパウロは以下のように記しています。

【新改訳2017】ヨハネの福音書 1章17節
律法はモーセによって与えられ、恵みとまことはイエス・キリストによって実現したからである。

【新改訳2017】ローマ書 8章2節
なぜなら、キリスト・イエスにあるいのちの御霊の律法が、罪と死の律法からあなたを解放したからです。

【新改訳2017】Ⅱコリント書3章6節
神は私たちに、新しい契約に仕える者となる資格を下さいました。文字に仕える者ではなく、御霊に仕える者となる資格です。文字は殺し、御霊は生かすからです。

【新改訳2017】ヘブル書5章13節~6章1節
13 乳を飲んでいる者はみな、義の教えに通じてはいません。幼子なのです。
14 固い食物は、善と悪を見分ける感覚を経験によって訓練された大人のものです。
6:1 ですから私たちは、キリストについての初歩の教えを後にして、成熟を目指して進もうではありませんか。


2019.11.14

a:152 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional