****** キリスト教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

1章28節


創世記1章28節

【新改訳2017】

神は彼らを祝福された。神は彼らに仰せられた。「生めよ。増えよ。地に満ちよ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地の上を這うすべての生き物を支配せよ。」

וַיְבָרֶךְ אֹתָם אֱלֹהִים וַיֹּאמֶר לָהֶם אֱלֹהִים פְּרוּ וּרְבוּ וּמִלְאוּ אֶת־הָאָרֶץ
וְכִבְשֻׁהָ וּרְדוּ בִּדְגַת הַיָּם וּבְעֹוף הַשָּׁמַיִם וּבְכָל־חַיָּה הָרֹמֶשֶׂת עַל־הָאָרֶץ׃

「ヴァイェヴァーレフ オーターム エローヒーム ヴァッヨーメル ラーヘム エローヒーム ペルー ウーレヴー ウーミルウー エット・ハーアーレツ」

「ヴェヒヴシュハー ウーレドゥー ビドゥガット ハッヤーム ウーヴェオーフ ハッシャーマイム ウーヴェホル・ハッヤー ハーローメセット アル・ハーアーレツ」

●ここで、神はご自身のかたちに造られた人に対して、初めて、「生めよ。増えよ。地に満ちよ。地を従えよ。」、そして「生き物を支配せよ。」と命じています。文字通りすべて命令形です(26節の「支配させよう」は指示形です)。

(1) 「生めよ(産めよ) 」(「パーラーפָּרָה)

●「生めよ」と訳された「パーラー」(פָּרָה)は、「多く実らす」「多くの実を結ぶ」ことを意味します。これは「増やす」ことでもあります。単なる数が増えることではなく、イェシュアが「ぶどうの木のたとえ」で言われたように、神の目に多くの実を結ばせることなのです。

(2) 「増えよ」(「ラーヴァーרָבָה)

●文字通り、数が増えることを意味します。

(3) 「(地を)満たせ」(「マーレーמָלֵא)

●「満ちる、充満させること」、地において、神の計画とみこころを「実現する」ことを意味します。

(4) 「支配せよ」(「カーヴァシュכָּבַשׁ)

●「踏みつけ、従わせ、支配する」ことを意味します。イスラエルの民はヨシュアに率いられて約束の地カナンの地を征服しましたが、いまだ残っていました。約束の地を完全に征服したのはダビデでした。しかもイスラエルの全部族をまとめて支配したのも王ダビデです。彼は約束の地に真の安息をもたらす「ダビデの子孫であるメシアの型」なのです。

2019.11.14

a:166 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional