****** キリスト教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

1章27節


創世記1章27節

【新改訳2017】

神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして人を創造し、男と女に彼らを創造された。

וַיִּבְרָא אֱלֹהִים ׀ אֶת־הָאָדָם בְּצַלְמֹו בְּצֶלֶם אֱלֹהִים
בָּרָא אֹתֹו זָכָר וּנְקֵבָה בָּרָא אֹתָם׃

●27節の「神は人をご自身のかたちとして創造された」は、「ツェレム」(צֶלֶם)が二重に重ねられて強調されています。原文では「ヘツァルモー・ベツェレム」(בְּצַלְמֹו בְּצֶלֶם)で、「ご自分のかたちにかたどって」という意味です。また、人が神のことばによって創造されたということを、「創造した」(「バーラー」בָּרָא) という動詞を三度も重ねて強調しています。

●人(「ハーアーダーム」הָאָדָם)が、ここで「男」を意味する「ザーハール」(זָכָר)と、「女」を意味する「ネケーヴァー」(נְקֵבָה)とに創造されています。それぞれ子孫を造っていくための性としての男性と女性、雄と雌という意味でもあります。「ザーハール」(זָכָר)の語源は「ザーハル」(זָכַר)で、「神に心に留められている、覚えられている」という意味ですが、そこから派生する名詞「ジッカーローン」(זִכָּרוֹן)は「記念、象徴物』を意味し、男根器を意味します。逆に「女性」を意味する「ネケーヴァー」(נְקֵבָה)の語源「ナーカヴ」(נָקַב)に女性器の形状をイメージさせる意味があります。とりわけ、男性は「種」(「ゼラ」זֶרַע)を持つ存在であることが重要です。でなければ、「生めよ、増えよ、地を満たせ」という神の命令を実現することはできません。

●26節の「人」は定冠詞のない「アーダーム」(אָדָם)であったのに対して、ここ27節では冠詞付きの「ハーアーダーム」(הָאָדָם)になっています。ちなみに、2章における「人」は、すべて定冠詞付きのアダムとなっています。

2019.11.11

a:184 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional