****** キリスト教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

1章26節


創世記1章26節

前へ| 次へ

【新改訳2017】

神は仰せられた。「さあ、人をわれわれのかたちとして、われわれの似姿に造ろう。こうして彼らが、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地の上を這うすべてのものを支配するようにしよう。」

וַיֹּאמֶר אֱלֹהִים נַעֲשֶׂה אָדָם בְּצַלְמֵנוּ כִּדְמוּתֵנוּ
וְיִרְדּוּ בִדְגַת הַיָּם וּבְעֹוף הַשָּׁמַיִם וּבַבְּהֵמָה וּבְכָל־הָאָרֶץ
וּבְכָל־הָרֶמֶשׂ הָרֹמֵשׂ עַל־הָאָרֶץ׃

1. 「われわれのかたちとして」(בְּצַלְמֵנוּ)

●「われわれのかたちとして」(「ベツァルメーヌー」בְּצַלְמֵנוּ)にある「ツェルム」(צֶלֶם)は、かたち、imageを意味します。つまり、本来、目には見えない神を、目に見えるかたちにしたものという意味です。「鋳物を造るときの流し込む型」です。「神のかたち」というフレーズは旧約に4回。新約に3回のみです。

①【新改訳2017】創 1:27
神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして人を創造し、男と女に彼らを創造された。
②【新改訳2017】創 5:3
アダムは百三十年生きて、彼の似姿として、彼のかたちに男の子を生んだ。彼はその子をセツと名づけた。 ③【新改訳2017】創 9:6
人の血を流す者は、人によって血を流される。神は人を神のかたちとして造ったからである。

●アダムは「神のかたち」として造られたのです。男も女もその神のかたちに造られたアダムから造られました。「神」が目に見えるかたちで表されたのは、アダムと御子イェシュアです。

①【新改訳2017】Ⅱコリント書 4章4節
彼らの場合は、この世の神が、信じない者たちの思いを暗くし、神のかたちであるキリストの栄光に関わる福音の光を、輝かせないようにしているのです。

②【新改訳2017】コロサイ書 1章15節
御子は、見えない神のかたちであり、すべての造られたものより先に生まれた方です。

②【新改訳2017】Ⅰコリント書 11章7節
男は神のかたちであり、神の栄光の現れなので、頭にかぶり物を着けるべきではありません。一方、女は男の栄光の現れです。(Hebrew Bibleでは、男を「イーシュ」、女を「イッシャー」と訳しています)


2. 「われわれの似姿に」(כִּדְמוּתֵנוּ)

●「われわれの似姿に」(「キドゥムーテーヌ―」כִּדְמוּתֵנוּ)」の「似姿」は「デムート」(דְּמוּת)で、旧約で25回使われています。その語源は「ダーマー」(דָּמָה)の「似ている、たとえになぞらえる、想像する、思う、考える」という意味で、似姿の本体は目に見えないものです。イェシュアが天の御国をこの世にあるたとえで語ったのは、目には見えない事柄を表すためでした。つまり、アダム(あるいは男と女)には見えない神の本性が隠されているのです。

①【新改訳2017】創 5:1
これはアダムの歴史の記録である。神は、人を創造したとき、神の似姿として人を造り、
②【新改訳2017】創 5:3 アダムは百三十年生きて、彼の似姿として、彼のかたちに男の子を生んだ。彼はその子をセツと名づけた。


3. 「造ろう」

●「人をわれわれのかたちとして、われわれの似姿に造ろう」の「造ろう」という動詞は、「アーサー」(עָשָׂה)の一人称複数の未完了形の「ナアセ」(נַעֲשֶׂה)です。「初めに神は天と地を創造した」の「創造した」が3人称単数完了形であったのに対して、ここでは「私たちは造ろう」となっています。ここでなぜ「造ろう」が複数になっているのか、諸説があるようですか、神が「御子」に呼びかけたと考えられます。なぜなら、こうあるからです。

【新改訳2017】コロサイ書1章15~17節
15 御子は、見えない神のかたちであり、すべての造られたものより先に生まれた方です
16 なぜなら、天と地にあるすべてのものは、見えるものも見えないものも、王座であれ主権であれ、支配であれ権威であれ、御子にあって造られたからです。万物は御子によって造られ、御子のために造られました。
17 御子は万物に先立って存在し、万物は御子にあって成り立っています


4. 「支配する」

●「こうして彼らが、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地の上を這うすべてのものを支配するようにしよう」の「支配するようにしよう」は、「治める」を意味する「ラーダー」(רָדָה)の3人称複数未完了形の指示形(命令形と同形)です。「ラーダー」は28節にも出てきます。

●ところで、「彼ら」とはだれのことでしょうか。次節の27節に「神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして人を創造し、男と女に彼らを創造された」とあり、28節でも「神は彼らを祝福された。神は彼らに仰せられた。「生めよ。増えよ。地に満ちよ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地の上を這うすべての生き物を支配せよ」とあることから、「彼ら」(「オーターム」אֹתָם)とは、「人間」のことだと考えられます。

2019.11.11


a:173 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional