****** キリスト教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

1章22~23節


創世記1章22~23節

【新改訳2017】

22 神はそれらを祝福して、「生めよ。増えよ。海の水に満ちよ。鳥は地の上に増えよ」と仰せられた。
23 夕があり、朝があった。第五日。

כב וַיְבָרֶךְ אֹתָם אֱלֹהִים לֵאמֹר פְּרוּ וּרְבוּ וּמִלְאוּ אֶת־הַמַּיִם בַּיַּמִּים וְהָעֹוף יִרֶב בָּאָרֶץ׃
כג וַיְהִי־עֶרֶב וַיְהִי־בֹקֶר יֹום חֲמִישִׁי׃ פ

4. 神の祝福とその内訳

20~21節に続いて、23~24節では新しい語彙が以下のように4つ登場します。これも一つひとつ丁寧に見て行きたいと思います。

⑧「祝福する」(「バーラフ」בָּרַךְ)
⑨「生む」(「パーラー」פָּרָה)
⑩「増える」(「ラーヴァー」רָבָה)
⑪「満ちる」(「マーレー」מָלֵא)

●22節で初めて命令形が(⑨~⑪)使われていますその命令の対象は「生き物」(ネフェシュ・ハッヤー)、つまり、「水の生き物と翼のある鳥」、および「人」に対して向けられています。人間ならば神の命令を理解することもできるでしょうが、果たして、魚や鳥に神の命令が理解することができるでしょうか。表面的な(字義通り)の理解だと不自然さを感じます。思うに、この命令形の意味は、神ご自身が自らのご計画を実現させるという意味の「預言的命令」と言えます。

●「祝福して」とあります。初めて神が祝福しています。「祝福する」(「バーラフ」בָּרַךְ)とはどういうことでしょうか。人が神を祝福する場合、「祝福します」と言い方ではなく、「ひざをかがめる、ひれ伏す、賛美する、たたえる」という表現になります。「バーラフ」は「神が人に対する恩寵を統括するにふさわしい語彙」なのです。このことばが創世記ではじめて登場するのは1章22節で、その祝福の内容は、「生めよ。増えよ。海の水に満ちよ。鳥は地の上に増えよ」と祝福しています。1章29節でも、創造の冠として神のかたちに似せて造られ人間(男と女)に対して、神は彼らを祝福して、同様に「生めよ。増えよ。地を満たせ。地を従えよ。」と語っています。まだ、「救い」も「愛」も、「恵み」も「あわれみ」もと言ったことばが語られていないときから、神の恩寵用語はこの「バーラフ」(祝福する)という語彙だったのです。神の祝福には、神によって造られた者(選ばれた者)が、神の命令を実現するための一切の恩寵を含んでいるのです。以下にある「祝福の三つの命令」を一つずつ見て行きましょう。

(1)「生めよ」・・「パーラー」(פָּרָה)

●「パーラー」(פָּרָה)は、「多くの子が与えられる」こと、すなわち数的増加を意味します。と同時に「実を結ぶ」という質的な結実を意味します。イェシュアはヨハネの福音書15章の「ぶどうの木のたとえ」で、このことを繰り返して強調しています。イザヤ書にはメシアが「実を結ぶ」ことが預言されています。

【新改訳2017】イザヤ書 11章1 節
エッサイの根株から新芽が生え、その根から若枝が出て実を結ぶ。

【新改訳2017】ヨハネの福音書15章8節
あなたがたが多くの実を結び、わたしの弟子となることによって、わたしの父は栄光をお受けになります。

(2)「増えよ」・・「ラーヴァー」(רָבָה)

●これは「パーラー」(פָּרָה))と共に用いられることが多いです。「増えよ」と訳された「ラーヴァー」(רָבָה)は「多くなる」という意味です。「あなたがたが多くの実を結び」の「多くの」の訳されたことはが「ラーヴァー」です。と同時に、それは単に量的だけでなく、質的にも「大きく成長する、育てる」という霊成熟も意味します。神がそのように育ててくださるという祝福ですから、神の民は神に従順でなければなりません。

【新改訳2017】エレミヤ書 23章3節
しかしわたしは、わたしの群れの残りの者を、わたしが追い散らしたすべての地から集め、元の牧場に帰らせる。彼らは多くの子を生んで増える

【新改訳2017】エゼキエル書16章7節
わたしはあなたを野原の新芽のように育て上げた。あなたは成長して大きくなり、十分に成熟して、乳房はふくらみ、髪も伸びた。しかし、あなたは丸裸であった。

(3)「満たせ」・・「マーレー」(מָלֵא)

●「満たす」の「マーレー」(מָלֵא)も数的に満たすという意味もありますが、より本質的な意味としては、神のご計画とみこころを「成し遂げる、完成する」という預言的な意味として理解すべきです。神が祝してくださるならば、神の力によって、そのことが成し遂げられ、完成するからです。

【新改訳2017】詩篇20篇4~5節
4 あなたの心の望みを主がかなえてくださいますように。あなたのすべての計画を遂げさせてくださいますように
5 私たちはあなたの勝利を喜び歌い私たちの神の御名により旗を高く掲げます。あなたの願いのすべてを【主】が遂げさせてくださいますように。

●神の祝福は個人だけで終わるのではなく、個人を越えてよりグローバルな、末広がりの神の恩寵を意味します。それは永遠につながっていく性格を有しているものなのです。

2020.1.31
a:196 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional