****** キリスト教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

1章14~15節


創世記1章14~15節

【新改訳2017】

14 神は仰せられた。「光る物が天の大空にあれ。昼と夜を分けよ。定められた時々のため、日と年のためのしるしとなれ。
15 また天の大空で光る物となり、地の上を照らすようになれ。」すると、そのようになった。

וַיֹּאמֶר אֱלֹהִים יְהִי מְאֹרֹת בִּרְקִיעַ הַשָּׁמַיִם לְהַבְדִּיל בֵּין הַיֹּום וּבֵין הַלָּיְלָה וְהָיוּ לְאֹתֹת וּלְמֹועֲדִים וּלְיָמִים וְשָׁנִים׃
וְהָיוּ לִמְאֹורֹת בִּרְקִיעַ הַשָּׁמַיִם לְהָאִיר עַל־הָאָרֶץ וַיְהִי־כֵן׃

「14 ヴァッヨーメル エローヒーム イェヒー メオーロート ビレキーア ハッシャーマイム レハヴディール ベーン ハツヨーム ウーヴェーン ハツラーイラー ヴェハーユー レオートート ウーレモーアディーム ウーレヤーミーム ヴェシャーニーム」
「15 ヴェハーユー リメオーロート ビレキーア ハッシャーマイム レハーイール」

1. 天に置かれた「光る物」

●創造の第三日が終わり、第四日に「天の大空に光る物(複数)があれ」と神は指示されました。「光る物」と訳された「メオーロート」מְאֹרֹת)は、「発光体」を意味する「マーオール」(מָאוֹר)の複数形です。この語彙は旧約で18回使われていますが、創世記1章では14~16節に5回使われています。聖書はなぜ「二つの大きな光る物」を「太陽と月」と表現しないで、「光る物」としたのでしょうか。おそらく、古代においては、「太陽」や「月」が神としてあがめられていたことから、その表現が避けられたと思われます。

●「光る物」とは、1章3節の「光」(「オール」אוֹר)が光源としての光ではなかったのに対して、14節の「光る物」とは、目に見える光源としての光です。しかも複数形で表されます。しかも、この「光る物」は「天」(聖所)に置かれているゆえに、それは目に見えない光の影(写し)なのです。単数形は「発光体、灯火、燈火、燭台のあかり、輝き」を意味する「マーオール」(מָאוֹר)で、後で説明する幕屋の聖所にある「燭台」(「メノーラー」מְנוֹרָה)、および、「灯火(ともしび)」(「ネール」נֵר)とも関係しています。

●もし、「光る物」が太陽、月、星だとすれば、それらは被造物であるため、やがては、永遠の光である神の前では消え失せる運命にあります。

【新改訳2017】イザヤ書 60章19節
太陽はもはや、あなたの昼の光とはならず、月の明かりもあなたを照らさない。【主】があなたの永遠の光となり、あなたの神があなたの輝きとなる。

【新改訳2017】イザヤ書 60章19節
あなたの太陽はもう沈むことがなく、あなたの月は陰ることがない。【主】があなたの永遠の光となり、あなたの嘆き悲しむ日が終わるからである。

【新改訳2017】ヨハネの黙示録21章23節
都は、これを照らす太陽も月も必要としない。神の栄光が都を照らし、子羊が都の明かりだからである。

●むしろ、聖書では太陽も月も神の被造物として神である主を賛美するように命じられています。

【新改訳2017】詩篇148篇3節、5節
3 日よ月よ 主をほめたたえよ。主をほめたたえよ すべての輝く星よ。※「日」は「太陽」(「シェメシュ」שֶׁמֶשׁ)のこと)
5 ・・主が命じてそれらは創造された(בָּרָא)のだ。

●また、太陽、月、星々を拝むことがないようにも警告されています。

【新改訳2017】申命記 4章19節
・・天に目を上げて、太陽、月、星など天の万象を見るとき、惑わされてそれらを拝み、それらに仕えることのないようにしなさい。それらのものは、あなたの神、【主】が天下のあらゆる民に分け与えられたものである。


2. 昼と夜とを区別する

●「光る物が天の大空にあれ。昼と夜を分けよ。」とあるように、光る物の存在は「昼と夜」とを区別するためです。1章3節で「光」を呼び出された神は、光を昼と名づけ、闇を夜と名づけられました(1:5)。そこでの「昼」は目に見えない「昼」であり、神のわざが現わされることでした。逆に、「闇」も同様に目に見えない「夜」であり、神のわざが現わされないことを意味しました。ところが、「光る物」の登場によって、目に見える文字通りの「昼」と「夜」が区別されるようになり、地上の一日という時間的規定がなされたのです。これによって、神のご計画を示す神の定められた時が啓示されていくのです。ですから、1章5節の「昼」と「夜」との意味合いとは異なります。5節の「昼」は「神のわざが現されること」であり、「夜」はその逆を意味するものです(ヨハネ9:1~5)。

3. 「光る物」の機能

(1) 「時のしるしとなるため」

●創世記1章14~15節では、太陽や月、すべての星々が果たす役割(機能)に重点が置かれています。その役割とは「定められた時々のため、日と年のためのしるしとなる」(注)ことです。これはどういうことでしょうか。まず、「しるし」(「オート」אוֹת)という語彙の意味はいくつかあります。名尾耕作の「ヘブル語大辞典」によれば、以下の「しるし」には以下の意味があるとしています。

(1) 保護の証拠や証言しての「しるし」・・(創4:15、出12:31、ヨシュア2:12)
(2) 確実に起こることの前兆としての「しるし」・(出3:12、Ⅰサム2:34,14:10)
(3) 神のわざとしての奇蹟としての「しるし」・(出4:8, 7:3、民14:11, 22)
(4) 記念または記憶のための「しるし」・(出13:9, 16)
(5) 契約の「しるし」・(創9:12, 17:11)
(6) 旗印、目印として「しるし」・(民2:2)
(7) 季節の変化としての「しるし」・(創1:14、エレミヤ10:2)

●創世記1章14節にある「しるし」は、以下の「時のしるし」のためです。

(1) 「定められた時々のため」
●「定められた時々」と訳された「モーアディーム」(מוֹעֲדִים)は「モーエード」(מוֹעֵד)の複数形です。「モーエード」は「一定の時、一定の場所、会合、例祭、季節」を意味します。例えば「来年の今ごろ」(創17:21)というように。また、主の例祭には春と秋の季節(春ー過越の祭り、種なしパンの祭り、初穂の祭り、七週の祭り、秋ーラッパの祭り、大贖罪日、仮庵の祭り)が定められています(例:詩81:1~5)。これらの年ごとに繰り返される主の例祭には、実はイェシュアの初臨と再臨という神のご計画が啓示されているのです。それについては、「主の例祭における預言的意味」を参照

(2) 「日のため」
●原文では「日々」(「ヤーミーム」יָמִים)となっており、「ヨーム」(יוֹם)の複数形です。日々行われる幕屋(聖所)での礼拝、「安息日」を中心とする日々の生活、荒野で日々与えられるマナ、「昼も夜も主の教えを口ずさむ」(詩篇1:2)という「昼も夜も」というメリズモ的フレーズも、主との絶えることのない交わりを示す「しるし」です。

(3) 「年のため」
●原文では「年々」(「シャーニーム」שָׁנִים)となっており、「シャーナー」(שָׁנָה)の複数形になっています。7年の終わりごとに訪れる負債の免除(仮庵の祭り時)、50年ごとに訪れる「ヨベルの年」(解放の時)など。

●太陽や月といった目に見える「光る物」によって、時の流れが計算され、暦が作成され、時を見分けることができのです。つまり、創世記1章3節の「光」が目に見えない神のご計画とみこころを指し示しているとすれば、「光る物」の存在はその神のご計画が目に見える「時のしるし」(複)となっているということです。創世記1章14節にある「しるし」とは「時のしるし」であり、それは「定められた時」なのです。それを神の民は厳格に守らなければなりませんでした。

【新改訳2017】民数記9章1~3節
1 エジプトの地を出て二年目の第一の月に、【主】はシナイの荒野でモーセに告げられた。
2 「イスラエルの子らは、定められた時(「モーエード」מוֹעֵד)に、過越のいけにえを献げよ。
3 あなたがたはこの月の十四日の夕暮れ、その定められた時に、それを献げなければならない。

【新改訳2017】申命記 16章6節
ただ、あなたの神、【主】が御名を住まわせるために選ばれるその場所で、夕方、日の沈むころ、あなたがエジプトから出た時刻に、過越のいけにえを屠らなければならない。

まさにこの時刻に神の御子イェシュアは十字架の上で死なれたのです。神のご計画の定められた時を、神は例祭を通して正確に啓示されていたのです。そしてその通りに成就しました。

●イェシュアが宗教指導者たち(サドカイ人たちとパリサイ人たち)に対して、「空模様の飲み分け方を知っていながら、なぜ時のしるしを見分けることができないのか」(マタイ16:3)と言われました。この「時のしるし」とは、神が終わりの時になそうとしているご計画のしるしのことです(福音書にはマタイの福音書の16章3節と24章3節の二箇所しかありませんが)。旧約聖書の中で「時のしるし」(「オートート ハーイッティーム」אֹתֹת הָעִתִּים)はいろいろな形で啓示されてきました。特に。主の例祭がそれです。パウロも「祭りや新月や安息日のことについて、だれにもあなたがたを批評させてはなません。これらは、次に来るものの影であって、本体はキリストにあるのです」(コロサイ2:17)とあるとおりです。しかし、しかし、宗教指導者たちにはその本体を見分けられなかったということです。つまり、神が御子イェシュアはシュアを通してなそうとされるご計画に対して、全く無知であったということなのです。

【新改訳2017】エレミヤ書 8章7節
空のこうのとりも、自分の季節(=定めの時)を知っている。山鳩も燕も鶴も、自分の帰る時を守る。しかし、わが民は【主】の定めを知らない。

●しかし、主はシオンのために「定めの時」を用意しておられます。

【新改訳2017】詩 102:13
あなたは立ち上がりシオンをあわれんでくださいます。今やいつくしみの時です。定めの時(「モーエード」מוֹעֵד)が来ました。

●すべてのことに時があります。シオンの再建は究極的には主の「定めの時」に神が栄光の内に現われることと深く関係しています。イスラエルの回復というメッセージは、まさに最後の世代のために取って置かれているのです。

(2) 「地の上を照らすため」

●「光る物」の機能として、第一は「昼と夜と区別するため」、第二は「定められた時々のため、日と年のためのしるしとなるため」でした。さらに、第三は「地の上を照らすため」です。「照らす」と訳されたヘブル語は「オール」(אוֹר)のヒフィール形「ヘーイール」(הֵאִיר)です。地の上を照らすために、神は「光る物」を造られています。「照らす」と訳されたヘブル語の「ヘーイール」(הֵאִיר)は、幕屋の「聖所」に置かれた燭台(「メノーラ―」מְנוֹרָה)で使われています。聖所に置かれた燭台は七つの枝に支えられた七枚のともしび皿の上に、七つの炎が点じられます。しかしその全体が単数で「燭台」と呼ばれます。その目的は「照らす」ためです。何を照らしているかといえば、燭台の前にある「いのちのパン」、すなわち「いのちであるイェシュア」です。

【新改訳2017】出エジプト記25章37節
また、ともしび皿を七つ作る。ともしび皿は、その前方を照らすように上にあげる。

●これは聖所の中の燭台(「メノーラ―」מְנוֹרָה)のことが語られている箇所(出25:31~40)にある一節ですが、燭台の機能が「前方を照らす」ことにあることが記されています。聖所は窓のないところで、燭台がないと真っ暗です。その燭台の存在の意味は「世を照らすまことの光であるイェシュア」を啓示しています(ヨハネ1:9、8:12)。と同時にその光は「いのち」であるイェシュアをも指し示しているのです。そのことが、「天の大空で光る物となり、地の上を照らすようになれ。」(創世記1:15)に関係しているのです。

●さらに、「天の大空で光る物となり、地の上を照らす」(創世記1:15)のは、神の民を導くためです。昼「導く」ことと夜「照らす」こととは同義です。

【新改訳2017】出エジプト記13章21~22節
21 【主】は、昼は、途上の彼らを導くため雲の柱の中に、また夜は、彼らを照らすため火の柱の中にいて、彼らの前を進まれた。彼らが昼も夜も進んで行くためであった。
22 昼はこの雲の柱が、夜はこの火の柱が、民の前から離れることはなかった。

【新改訳2017】ネヘミヤ記9章12節、19節
12 昼は雲の柱の中にあって彼らを導き、夜は火の柱の中にあってその行くべき道を照らされました
19 あなたは大きなあわれみをかけ、彼らを荒野に見捨てられませんでした。昼は雲の柱が彼らから離れず、道中を導き、夜は火の柱が、行くべき道を照らしました

●昼は「雲の柱」の中に主がおられて彼らを導かれました。夜は「火の柱」の中に主はおられて彼らの進み行く道を照らしたのです。とても不思議な光景です。「雲の柱と火の柱」によって導かれたということは、「神が民と共におられたということ」、そして「神の導きは民から離れることなく絶えずあったこと」を表しています。

2020.1.16(改定)
a:90 t:3 y:8

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional