****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

神の契約の一体性


第三章 神の契約の一体性

聖書における神の契約はひとつです。なぜなら神の契約の構造的一体性が実現したからです。イェシュア・メシアが契約の一つ一つの核心にあるからです。
聖書における神の契約はひとつです。それは神の契約の主題的一体性を備えているからです。契約の核心には、「わたしはあなたの神となり、あなたはわたしの民となる」という「インマヌエル原則」があるからです。


1. 構造的一体性

画像の説明

(1) アブラハム契約、モーセ契約、ダビデ契約の一体性

●アブラハム契約、モーセ契約、ダビデ契約の一連の契約は、それぞれ自足し完成したかたちで与えられたものではなく、モーセ契約もダビデ契約モアブはラム契約を前提として、重要な基本的事柄を継続するものとなっています。この結びつきが全体として一体性を保っているのです。

●神は一つの民族をご自身のものとして選ぶために、アブラハムと契約を結びました。これ以降、アブラハムの子孫が、モーセ契約やダビデ契約のもとにあって生きることとなります。モーセやダビデを通じて新しい契約関係をはじめる時点においても、神はすでに約束したことを、さらなる発展段階へと進めようとします。例えば、エジプトでイスラエルが神を呼び求めたとき、「神は彼らの嘆きを聞き、アブラハム、イサク、ヤコブとの契約を思い起こされた」(出2:24)とあります。アブラハムとの契約と約束から、神はモーセによってイスラエルを解放させるのです。つまり、イスラエルがエジプトを脱出して約束の地へと向かったのは、カナンの地を所有させようというアブラハムへの契約の約束の成就だということです(出3:16~17、6:4~8、詩105:8~12, 42~45、詩106:45)。

●こうした継承性は、ダビデ契約の締結にも見られます(Ⅱサムエル7:6, 7:23)。つまり、ダビデと契約を結んだ神は、「エジプトからイスラエルの子らを連れ上った」神なのです。さらに死の床にあったダビデが息子ソロモンに与えた訓戒にも、モーセ契約があることが分かります。

【新改訳2017】Ⅰ列王記2章3~4節
3 あなたの神、【主】への務めを守り、モーセの律法の書に書かれているとおりに、主の掟と命令と定めとさとしを守って主の道に歩みなさい。あなたが何をしても、どこへ向かっても、栄えるためだ。
4 そうすれば、【主】は私についてお告げになった約束を果たしてくださるだろう。すなわち『もし、あなたの息子たちが彼らの道を守り、心を尽くし、いのちを尽くして、誠実にわたしの前に歩むなら、あなたには、イスラエルの王座から人が断たれることはない』。

●このように、イスラエルの民と新しい契約を打ち立てるたびに、継続がことさらに反映されるように、神は命じているのです。

①イスラエルが金の仔牛をつくるという背きの罪に対するモーセのとりなしも、アブラハムの約束に基づいています(出32:13~14)。

②ヨシュアのもとで約束の土地を手に入れたときにも、モーセへの約束とともに、アブラハムへの約束が成就したとされています(創15:18、出23:31、ヨシュア1:3参照)。

③ダビデが契約の箱をエルサレムに運びこまれるときに歌った賛美の中にも、この出来事がアブラハムに与えられた契約の約束の成就であることが示されています(詩篇105:8~10、Ⅰ歴代誌16:15~18)。

【新改訳2017】Ⅰ歴代誌16章15~18節
15 心に留めよ。主の契約をとこしえに(לְעוֹלָם)。命じられたみことばを、千代までも(לְאֶלֶף דּוֹר)。
16 それは、アブラハムと結んだ契約。イサクへの誓い。
17 主はそれをヤコブへの定め(חֹק)として立てられた。イスラエルへの、永遠の契約(בְּרִית עוֹלָם)として。
18 そのとき主は言われた。「わたしは、あなたにカナンの地を与える。あなたがたへのゆずりの地として。」

●また、エルサレム(シオン)において神が王座に就くこと(一極集中)は、モーセ律法において聖所が中央集約的に定められていることの結果でもあるのです(申命12:5, 11, 14, 18など)。

(2) イスラエルに約束された「新しい契約」

【新改訳2017】エレミヤ書31章31~38節
31 見よ、その時代が来る──【主】のことば──。そのとき、わたしはイスラエルの家およびユダの家と、新しい契約を結ぶ。
32 その契約は、わたしが彼らの先祖の手を取って、エジプトの地から導き出した日に、彼らと結んだ契約のようではない。わたしは彼らの主であったのに、彼らはわたしの契約を破った──【主】のことば──。
33 これらの日の後に、わたしがイスラエルの家と結ぶ契約はこうである──【主】のことば──。わたしは、わたしの律法を彼らのただ中に置き、彼らの心にこれを書き記す。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。
34 彼らはもはや、それぞれ隣人に、あるいはそれぞれ兄弟に、『【主】を知れ』と言って教えることはない。彼らがみな、身分の低い者から高い者まで、わたしを知るようになるからだ──【主】のことば──。わたしが彼らの不義を赦し、もはや彼らの罪を思い起こさないからだ。」

画像の説明

●このエレミヤによって約束された「新しい契約」は、アブラハム、モーセ、ダビデの契約のうちに預言的に映し出されていたものが、究極的において実現した姿にほかなりません。「イスラエルの家およびユダの家」に対して結ばれる「新しい契約」は、シナイ山で与えられた律法の契約と結びつけられています。その内実は変りませんが、それがどのように与えられるかが異なります。つまり、「新しい契約」では、律法が「心のうちに書き記される」のです。このことによって、「わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる」ということが実現されるのです。

●エレミヤ書32章では、神は御民を「真実をもって、‥この地に植える」(41節)とあり、

●エレミヤ書32章37~38節、41節にはこうあります。

【新改訳2017】エレミヤ書32章37~38節
32:37 「見よ。わたしは、かつてわたしが怒りと憤りと激怒をもって彼らを散らしたすべての国々から、彼らを集めてこの場所に帰らせ、安らかに住まわせる
32:38 彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。
32:39 わたしは、彼らと彼らの後の子孫の幸せのために、わたしをいつも恐れるよう、彼らに一つの心と一つの道を与え、
32:40 わたしが彼らから離れず、彼らを幸せにするために、彼らと永遠の契約を結ぶ。わたしは、彼らがわたしから去らないように、わたしへの恐れを彼らの心に与える。
32:41 わたしは彼らをわたしの喜びとし、彼らを幸せにする。わたしは、真実をもって、心と思いを込めて、彼らをこの地に植える。」

●ここには明確に「新しい契約」と「アブラハム契約」が結びつけらています。さらには、エゼキエル書37章24~26節以降でも、エゼキエルは、アブラハム契約、モーセ契約、そしてダビデ契約について語りながら、イスラエルが将来待ち望むべき預言の言葉と結びつけています。

【新改訳2017】エゼキエル書37章24~28節
24 わたしのしもべダビデが彼らの王となり、彼ら全体のただ一人の牧者となる。彼らはわたしの定めに従って歩み、わたしの掟を守り行う。
25 彼らは、わたしがわたしのしもべヤコブに与え、あなたがたの先祖が住んだ地に住むようになる。そこには彼らとその子らとその子孫たちが、とこしえに住み、わたしのしもべダビデが永遠に彼らの君主となる。
26 わたしは彼らと平和の契約を結ぶ。これは彼らとの永遠の契約となる。わたしはそれを彼らに与え、彼らを増やし、わたしの聖所を彼らのうちに永遠に置く。
27 わたしの住まいは彼らとともにあり、わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。
28 わたしの聖所が永遠に彼らのうちにあるとき、諸国の民は、わたしがイスラエルを聖なる者とする【主】であることを知る。』」

●このように、旧約において約束された三つの契約(アブラハム、モーセ、ダビデ)の実りは、終末において成就するのです。

2. 主題的一体性

●「わたしはあなたの神となり、あなたはわたしの民となる」という主題は、神が現実にその民のただ中に住むことによって、さまざまに展開していきます。神がともに住むという表象は、幕屋から神殿、教会、御国、新しいエルサレムへと広がっていきます。いずれも、神が民のなかに住むという事実は、契約概念の核心であり、神が民のなかに住むという出来事は、契約の成就ととらえられます。

●この契約の定型句が、聖書で最後に現れるのは。黙示録21章3節です。

【新改訳2017】黙示録 21章3 節
私はまた、大きな声が御座から出て、こう言うのを聞いた。「見よ、神の幕屋が人々とともにある。神は人々とともに住み、人々は神の民となる。神ご自身が彼らの神として、ともにおられる。

●「新しい天と新しい地」は、究極的に神が民のなかに住むことを備えるものです。つまり、創造のわざが契約と結びつくとで、インマヌエルの原則が終始支配していることになります。このことが歴史をひとつに結び合わせているのです。このインマヌエルの原則は、契約の中心的テーマであり、イェシュア・メシアにおいて最終的に成就されるのです。この方こそ、主のしもべとして、「民の契約とし、国々の光とする」べく神に定められた方なのです。この方によって、神のすべての計画は最終的な完成を見ることとなります。この方において、「わたしはあなたがたの神となり、あなたがたはわたしの民となる」、すなわち「インマヌエル」が現実となるです。

2019.7.15


a:89 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional