****** 詩篇は、神と私たちの生きた関係を築く上での最高のテキストです。******

教会史における『新しい歌』の目次を見る

序 論 ―新しい歌を主に向かって歌えー

  • 1.新しい歌のさまざまな定義
  • 2.本講義の視座(歴史神学的考察の方法論)について
    キリスト教礼拝の二つの傾向…<預言者的傾向>と<祭司的傾向>
     付録① 「礼拝様式の変遷」

本論(1) ―旧約聖書における<新しい歌>と礼拝様式の変遷―

  • 1.ダビデ以前の<新しい歌>・・主の力ある歴史的な勝利を心に刻み込む歌
  • 2.ダビデの幕屋・ソロモンの神殿における<新しい歌>
  • 3.シナゴーグ礼拝・・バビロン捕囚による<新しい歌>
  • 4.エルサレム帰還後の神殿礼拝の復興
  • 5.旧約時代の<新しい歌>としての詩篇

本論(2)-新約時代における<新しい歌>ルカの福音書の預言的賛美―

  • 1.「詩と賛美と霊の歌」について
  • 2.ルカの福音書にある4つの賛美
  • 3.ルカのイエスの誕生にまつわる4つの<新しい歌>の特質
  • 4.新約聖書に散在する<新しい歌>の断片 
     付録②「神に対する賛歌とキリスト(御子、神の小羊)に対する賛歌」

本論(3)-初代教会における礼拝とその特徴―

  • 0.<初代教会>ということばの定義
  • 1.初代教会における礼拝様式
    ①ユダヤ教の礼拝様式の継承・・会堂でのシナゴーグ礼拝
    ②新しい礼拝様式・・・・・・・パンを裂くことと愛餐
  • 2.初代教会の礼拝の特徴
  • 3.初代教会における春から夏へ

本論(4) ―使徒教父時代からローマ帝国公認宗教となるまでー

  • 1.使徒教父時代の教会が当面した問題
  • 2.新しい時代への移行の準備
    ①会衆による唱える賛美から、より高度な聖職者による賛美への移行
    ②ギリシャ語からラテン語への移行

本論(5) -創作賛美歌(賛歌)の流れー

  • 1.聖アンブロシウスの貢献
  • 2.教父たちの音楽観 ―音楽のもつ誘惑―
     付録③「Veni Creator Spiritus」(来てください創造主なる聖霊よ)

本論(6) ―中世のローマ式式典の概要とその特徴―

  • 1.ミサの概要の概説
  • 2.ミサの構成と特徴
  • 3.聖務日課
  • 4.記譜法について
     附記 「修道院運動」

本論(7) -グレゴリオ聖歌と教会旋法―

  • 1.グレゴリオ聖歌について
    ①カトリック教会の祈りの歌
    ②現代人にとっての癒しの響きとしてのグレゴリオ聖歌
  • 2.教会旋法とその特色
  • 3.芸術性と大衆性の二律背反の関係

本論(8) -マルチン・ルターと<コラール>ー

  • 1.マルチン・ルターという人物
  • 2.<新しい歌>の必要性
  • 3.ルターのコラールを作る上でのコンセプト
    ①わかりやすさ  
    ②改作の能力
  • 4.コラール集の出版
  • 5.ドイツ・ミサについて
  • 6.ルター自身のコラール

本論(9) ―フランスおよびスイスの宗教改革期に生まれた詩篇歌―

  • 1.ジャン・カルヴァンと<新しい歌>としての詩篇歌
    ①カルヴァンの詩篇観
    ②ジュネーヴ詩篇歌
  • 2.日本語によるジュネーヴ詩篇歌

本論(10) ―17世紀の敬虔主義運動とその流れにおける<新しい歌>―

  • 1.ドイツ敬虔主義運動
  • 2.モラヴィア派に至る流れ
  • 3.敬虔主義の賛美歌
  • 4.モラヴィア派の賛美歌

本論(11) -18世紀の英国のメソジスト運動における<新しい歌>― 
 

  • 1.チャールズ・ウェスレーの信仰体験
    ①兄ジョンとの関係
    ②チャールズの信仰経験 ―自律時代、自己崩壊時代、自己確立時代―
  • 2.近世讃美歌の歴史におけるチャールズ・ウェスレーの位置
    ①英語ジュネーヴ詩篇歌
    ②英語賛美歌
  • 3.チャールズ・ウェスレーの賛美歌の特質
    ①特徴 
    a.個人の強調―賛美歌における主観性の問題―
    b.感情の発露―歓喜の基調―
    ②神学的内容
    a.キリストの福音の普遍性
    b.救いの確証
    c.キリスト者の完全
  • 4.メソジスト運動における賛美歌の機能
  • 5.チャールズ・ウェスレーの賛美歌の宗教的意義
    ―<理解された信仰>から<体験された信仰>へー
     付録④チャールズ・ウェスレーの年譜
     付録⑤本論⑪の参考文献

本論(12) -19世紀のリバイバル運動における<新しい歌>―

  • 1.18世紀のメソジストのリバイバル・・<大衆伝道の先駆け>
  • 2.アメリカのリバイバル運動
    ①1st グレート・アウェィキング(18世紀の中頃)・・教派ごと
    ②2nd グレート・アウェィキング(19世紀)・・・超教派による
  • 3.クルセード(超教派的大衆伝道)の先駆け・・・ムーディとサンキーの名コンビ
  • 4.アメリカの福音唱歌(Gospel Song)という<新しい歌>
    ①特 徴
    ②福音唱歌第一人者、アイラ・D・サンキー
    ③ファニー・クロスビー

本論(13) -英米圏における賛美歌の二つの潮流― 

  • 1.伝道的賛美歌の流れ―英国非国教会系―
    ①18世紀メソジスト運動 ジョン・ウェスレー&チャールズ・ウェスレ-
    ②19世紀リバイバル運動 ムーディー&アイラ・D・サンキー
    ③20世紀初頭 ビリー・サンディ&ホーマー・ロードヒーヴァ
    ④20世紀中葉 ビリー・グラハム&ベヴァリー・シェイ
    ⑤同       ビル&グロリア・ゲイザー夫妻の果たした役割
  • 2. 礼拝、典礼主義的賛美歌の流れ―英国国教会系―
    ①19世紀中葉 オックスフォード運動 「古今聖歌集」(1861)
    ②20世紀中葉 ヒム・エクスプローション(創作賛美歌の爆発)

本論(14) -プレイズ & ワーシップの起源とその流れ―

  • 1.プレイズ& ワーシップの定義
  • 2.ワーシップ・ソングの起源
    ①ジーザス・ムーヴメントとの関わり
    ②ペンテコステ・カリスマ・ムーヴメントとの関わり
    ③レストレーション・ムーヴメントとの関わり
  • 3.ワーシップ・リーダーの存在と役割
  • 4.会衆賛美における<洗練性>と<大衆性>
  • 5.新しい歌としての預言的賛美・・<霊の歌>
    ①新しい歌とは・・
    ②預言的賛美とは
    ③預言的な歌を解き放つための三つのステップ

本論(15) -ゴスペルを生み出したアフロ・アメリカンの人たちの歴史と信仰―

  • 1.The Sprituals(黒人霊歌)の歴史的背景
    ①Hush habor (ハッシュ・ハーバー) 奴隷たちの唯一の避難所
    ②ハッシュ・ハーバー的黒人霊歌からコンサート・パフォーマンスとしての黒人霊歌へ
  • 2.信仰の歌としての黒人霊歌
  • 3.黒人霊歌から黒人ゴスペルへ
    ①女モーゼ、ハリエット・タブマン
    ②都会での貧困と疎外という社会的背景
    ③公民権運動(M.L.キング牧師の非暴力運動)とフリーダム・ソング

本論(16) -テゼ共同体における日ごとの祈りの歌―

  • 1.ブラザー・ロジェの夢・・キリスト者同士の和解の実現
    ①和解の夢の実現
    ②テゼ共同体の始まり
    ③テゼ共同体の現在
  • 2.テゼ共同体の日ごとの祈りの歌の特徴
  • 3.テゼの歌の今日的意義とは何か
    ①「日ごとの祈りと賛美」の見直し
    ②祈りを支える単純で素朴な、新しい歌を生み出すたゆみない模索
    ③沈黙という祈りの力を経験すること
  • 4.テゼの祈りの歌の中から

本論(17) -歌と踊りを伴うイスラエル・ジュイッシュ・ソング―

  • 1. 19世紀、東ヨーロッパのユダヤ人の間に勃興したハシディズムの流れ
    ①離散の歴史
    ②二つの方向
  • 2. イスラエル・フォークソングの源流としてのハシディズム
    ①シディズムの特徴
    ②ハシディズムのメロディー
  • 3. シオニズム運動(ユダヤ人国家建設運動)とその主題歌「ハクティバ」
    ① シオンをたたえる歌
    ② 今日のシオニストの賛美―メシアニック・ジュイッシュの賛美の高まりー
  • 4. メシアニック・ダンス
    ①用語
    ②現代におけるダンスの回復
    ③踊りと歌をもって喜びを表現する<クレズマー音楽>
    ④終末論的賛美

結 論  ―<新しい歌を主に向かって歌う>今日的課題とは何かー   

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional