****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

同じ語根を重ね合わせることで意味を強調する用法(同根対格)

同じ語根を重ね合わせることで意味を強調する用法(同根対格)


●ヘブル語の強調表現は強意形ばかりではなく、同じ語根を重ね合わせることで意味を強調する用法(同根対格)があります。たとえば、創世記50章でいうならば、25節の「必ずあなたがたを顧みられる」と訳された部分がそうです。原文はそこを「パコード・イフコード」(פָּקֹד יִפְקֹד)で、「顧みる」という動詞「パーカド」(פָּקַד)が重ねられています。他にも、創世記22章17節では「大いに祝福する」と「数多く増し加える」が、動詞「バーラフ」(בָּרַךְ)と「ラーヴァー」(רָבָה)がそれぞれ重ねられています。原文で参照のこと。

●「謙遜な、柔和な、謙虚な、穏やかな」という訳の原語は「アーナーヴ」(עָנָו)という形容詞です。ヘブル語原文ではこのことばがなんと二つも並べられています。それはヘブル語の強調表現です。但し、読む時には一方だけ読むと指定されています。バルバロ訳はこのことばのニュアンスを伝えるために、「柔和な」という訳と「穏やか」という二つの訳語を用いています。本来、一つの原語に対して一つの訳語ですが、二つの訳語を使わなければならないほどにこの「アーナーヴ」の意味は微妙だということです。

2016.2.29


a:821 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional