****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

原語の「読み表記」

原語の「読み表記」の問題点

  • しばしば本の中に、原語の「読み表記」だけが記されていることがあります。しかし「原語表記」がなされていなければ、その言葉の意味について調べるときに不便をきたします。日本語の漢字を「読み表記」だけを記したらどういうことになるでしょうか。「こうせい」という読み標記を見たり、聞いたりした人にとって、それかどういう言葉なのか戸惑うはずです。「公正」「構成」「校正」「厚生」「抗生」「後世」「攻勢」「恒星」「更生」「鋼製」「光星」「光世」「向性」・・。
  • 例えば、ヘブル語で「カーナー」という「読み表記」が書かれていたとします。以下はの例はすべて「カーナー」と表記されますが、その意味は全く異なります。

(1) קָנָא
動詞の「ねたむ」

(2) קָנָה
動詞①「得る、買い取る、買う」
動詞②「創造する、造る」
名詞(固有名詞) 「カナ」

(3) כָּנַע(この語彙の読みは「カーナ」)
動詞ニファル態「へりくだる」、「征服される」

(4) כָּנָה
動詞ピエル態「肩書きを与える」「おせじを言う」


a:2976 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional