****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

千年王国の終わりにあるゴグの来襲

文字サイズ:

36. 千年王国の終わりにあるゴグの来襲

【聖書箇所】 38章1~38節

ベレーシート

  • エゼキエル書37章の全イスラエルの回復の預言はキリストの再臨によって成就します。その後に、38~39章に驚くべき預言が記されます。それは「ゴグ」による完全武装によって、突然のように、エルサレムを取り囲むということが起こることをエゼキエルは啓示されました。
  • キリストの再臨によって「第一の復活」にあずかった者たちは、全イスラエルの民(残りの民)とともに、千年の間地上を支配する者となることが約束されています。しかしその千年の終わりの頃、それまで幽閉されていたサタンが解き放たれ、神に反逆するために、地の四方にある諸国の民、すなわちゴグとマゴクを惑わし、完全武装させて戦いに備えさせます。そして特にイスラエルの中心である神の都エルサレムを取り囲みますが、天からの火が降って来て彼らは焼き尽くされます。そして彼らを惑わしたサタンは火の池に永遠に投げ込まれます。キリストを信じなかった者たちも第二の復活にあずかり、第二の死である火の池に投げ込まれることが預言されているのです(ヨハネの黙示録20章7~15節)。第一の復活にあずかった者はこの最終的な戦いの出来事を見ることになるのですが、それは同時に、神の最終的な完全な勝利を見ることになるのです。
  • しかし、エゼキエルが38~39章で預言したことは「千年王国」の最後の時とは異なるようです。「ゴク」の勢力は千年王国の始まる前にも、そしてその最後にも神に敵対する勢力として立ち上ることを知っておく必要があります。このことはかなり詳しく研究する必要があります。

神の最後の計画

1. 多くの日が過ぎて

  • 38章と39章に、慣用句のようにして何度も使われている類似した表現があります。それは、
    (1) 「多くの日が過ぎて」(38:8)
    (2) 「終わりの年に」(38:8)
    (3) 「その日(には)」(38:10, 14, 18)
    (4) 「終わりの日に」(38:16)
  • 「その日」とは「ゴグがイスラエルの地を攻める日」です。「ゴグ」とは、神(あるいはキリスト)に反逆する悪の勢力の象徴です。しかもその勢力は必ず「北から」来るのです。長い間、回復の恩寵が与えられて安住していた神の民イスラエルとその地は突然に攻撃されます。
  • しかしこの戦いの目的は、諸国の民の前に、多くの国々の見ている前で、全世界に対して神の主権と主ご自身の「聖なる」ことを示すことにあります。最終的な段階において、神の主権性が究極的な形であかしされるための審判的な戦いなのです。
  • 黙示録20章では、解き放たれたサタンがゴグとマゴグを惑わして召集したように記されていますが、エゼキエル書38章4節には、神がゴグの全軍団を召集したとあります。そして戦いを仕掛けさせていますが、21節ではこのゴグに対してさばきを下しています。

2. 神の歴史の全体のシナリオを知っておくことは慰めとなる

  • 神のご計画はすでに預言書の中に記しておられます。なぜなら、神は知らせていないことをなさる方ではないからです。必ず、前もって、ご自身の計画を告げておられるのです。それゆえ、私たちは神のことばを注意深く学ぶ必要があります。
  • 伝道至上主義による「個人的な救いの強調」の弊害は、神の計画に対して無関心にさせたことです。「個人的な救いの強調」は、自分が救われているかどうかが主要な関心事であって、神の全歴史的な計画によって神の主権と栄光が現わされることに関心を持たせなくしていることは否めない事実です。イスラエルの民に対する無関心さもそのことを示しています。自分が救われて、死んでも天国行きが保障されていればそれで十分だと考えてしまっているのです。神は、これからなされる出来事をしっかりと共有できる者たちを熱心に捜しておられると信じます。


2013.7.5


a:4883 t:4 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional