****** 詩篇は、神と私たちの生きた関係を築く上での最高のテキストです。******

ヘブル語の動詞の時制と人称変化の概略

ヘブル語の動詞の時制と人称変化の概略


画像の説明

動詞の時制には、完了と未完了の二つがあります。完了変化はもっぱら接尾辞によって、未完了は主として接頭辞によって示されます。人称はすでに接辞によって示されているので、人称代名詞の付加は必要ではありません。

派生形のモデルを示す場合に、伝統的に「する」という意味の語根פּעלか、あるいは「殺す」を意味する語根קטלを用いるのが慣例となっています。

パアルפּעל態(3人称単数男性、完了形)は動詞の派生語の中でも最も単純なかたちをしているために、「軽い、単純な」を意味するカル(קַל)形とも呼ばれます。


a:3469 t:2 y:6

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional